結婚式 ゲスト服装 マナーの基本

令和の時代に入り、結婚式・披露宴のスタイルはより一層多様化しています。
それに合わせて、服装も多種多様
結婚式・披露宴会場や、シーンに合わせた選択が必要となります。

判断に迷う場合は、オーソドックスで昔ながらのしきたりに合わせたものを選ぶのがよいでしょうが、ロングドレスやレースワンピース、パンツスタイルなど、トレンドのアイテムを取り入れる場合でも、全体として最低限のマナーの基本をおさえていれば問題ありません。
→『これだけは守りたい!マナーの基本』参照

一番大切なのは、招いた側に失礼のないように、そして『おめでとう』の気持ちを伝えること。

素敵にセンス良くオリジナリティーを出したドレスアップをして、思い出に残る時間をお過ごしください♪
レンタルならではの、個性的なドレスに挑戦してみるのもおススメです!
→イマドキのトレンドドレス♪はコチラ 

親族や、格式高い式に参列する場合は、『昔ながらのしきたりに合わせたマナーに基本』を守った服装でお出かけください。

<目次>
これだけは守りたい!マナーの基本

●過度な露出はNG
●白色ドレスはNG
●ストッキングの色
●靴の種類


格式高い式には!昔ながらのしきたりに合わせたマナーの基本
●おすすめ色・デザイン
●バイカラー(2色使い)NG
●毛皮(ファー)・革素材NG
●短すぎる丈感NG
●おすすめネックレス
●ストッキングの色

 

これだけは守りたい!マナーの基本

友人の結婚式・披露宴、カジュアルな結婚式などは、昔ながらのしきたりに合わせるほど深く考える必要はありません。
最低限のマナーを守って、カラフルドレス、上品ドレス、パンツドレスなど…自分に合ったスタイルで華やかにドレスアップしましょう!
●過度な露出はNG
結婚式にも参列する場合は、羽織り物(ボレロやストール)で肩の露出は避けるのが基本です。
(式後の夜のパーティー・二次会などは羽織りを脱いでもOKです。)
結婚式の服装マナー 露出NG 結婚式の服装マナー 露出NG 結婚式の服装マナー 露出NG
◆白色ドレスはNG
白色ドレスは完全NG!
純白のドレスは、結婚式では花嫁の特権!ゲストは白色ドレスはNGです。
ベージュや白っぽいカラーなら絶対NGではありませんが、写真映りによっては白色に見えてしまうことも。
ボレロやストールに濃いめのカラーを採り入れると、全体的に白っぽいとみられなくて安心です。
結婚式の服装マナー 白色(ホワイト)ドレスNG 結婚式の服装マナー 白色(ホワイト)ドレスNG グレーOK
 
◆ストッキングの色
透明感のある肌色が基本。
しかし、冬など寒い時期には「模様の入った黒タイツ」「ラメ入り・模様入り黒ストッキング」など華やかなものならOK! 
真っ黒タイツは避けた方がいいでしょう。
結婚式の服装マナー 黒タイツNG
 
◆靴の種類
ミュールやサンダル、ブーツはNG!
つま先が空いている靴、ミュールやサンダルなど、ブーツ類はNGです。
適度なヒールのあるパンプスがベストです。

 

格式高い式には!昔ながらのしきたりに合わせたマナーの基本


花嫁・花婿の姉・濃い親戚として出席する式、年配の方々・格式高い方々が多く出席するかしこまった式などでは、古いしきたりに則った服装で出席した方がいいでしょう。

親族の具体的なコーディネート例はコチラをご覧ください!
●おすすめ色・デザイン
友人や上司の式などでは、カラフルに華やかなドレスでOK!
しかし、濃い親族や格式高い式などは、ネイビーやブラックなど控え目の色が無難。ビジューなどがついていない、シンプルなものがよいでしょう。
また、安っぽいペラペラな感じはNG!上質感ある素材で、上品にキメましょう。
喪服のように真っ黒にならないように、ボレロやストールは明るい色でOK!光沢感のある(華やかさのある)素材なら、ブラックボレロを合わせてもいいですね。
袖ありドレスでネイビーやブラックの場合、バッグ・靴・アクセサリーで華やかさをプラスすると、センスよくきまりますよ。
※パンツドレスは正式なフォーマルとしてはNGです。

結婚式・親族におすすめコーディネート 結婚式・親族におすすめコーディネート 結婚式・親族におすすめコーディネート 
→ブラックドレス一覧はコチラ
→ネイビードレス一覧はコチラ

若い方(10〜20代)なら、親族でもそれほど落ち着いた色にこだわる必要はありません。
年齢にもよりますが、花嫁や花婿の妹だったら、明るめだけど上品な雰囲気のピンク・ブルー・グリーンで華やかさを演出するのもいいですね!

結婚式・若い親族におすすめコーディネート 結婚式・若い親族におすすめコーディネート 結婚式・若い親族におすすめコーディネート 
→20代向け結婚式・披露宴コーディネートはコチラ
 
●バイカラー(2色使い)NG
トレンドのバイカラーは、友人の式、カジュアルウェディングなどではイマドキOK!
しかし、「わかれる」という意味につながるため、正式なフォーマルとしてはふさわしくありません。
結婚式の服装マナー バイカラー(2色使い)NG
 
●毛皮(ファー)・革素材NG
毛皮や革製品は、最近では「絶対NG」というほどではないようですが、『殺生』をイメージするため、正式なフォーマルとしてはふさわしくありません。
結婚式の服装マナー ファーNG
 
●短すぎる丈感NG
短すぎる印象にならなければOKですが、正式なフォーマルとしては、膝がかくれる丈が好ましいと言われています。

結婚式の服装マナー 短すぎる丈NG
 
●おすすめネックレス
きらびやかなものよりも、パール系が無難です。
また、葬儀などの参列時、重ねづけや2連,3連のネックレスは「不幸事が重なる」という連想をさせることでNGとされているため、できれば一連が無難
しかし、結婚式の場合は、「幸せが重なる」という意味ともとれるため、それほど深く考える必要はないようです。
結婚式の服装マナー パールネックレスOK 結婚式の服装マナー ネックレスNG
 
●ストッキングの色
透明感のある肌色が基本。
柄物や、冬でもタイツは避けた方がいいでしょう。


<特集ページ>
→『トレンドドレス特集』はコチラ
→『パンツスタイル特集』はコチラ
→『結婚式ゲスト服装マナーの基本』はコチラ
→『小柄さん おすすめ特集』はコチラ
→『マタニティードレス特集』はコチラ
→『ママおすすめドレス特集(授乳服)』はコチラ

→『冬おすすめ特集』はコチラ
→『夏おすすめ特集』はコチラ



→トップへ戻る
 
  • レンタルガイド 初めての方
  • 郵送試着ガイド
  • スペアドレス・予備ドレス ガイド
  • 高額な弁償代金の不安を解消,安心保障
  • トレンドのドレスをレンタル
  • 5%還元 キャッシュレス・消費者還元事業

コンテンツを見る

コンテンツを見る